文字サイス(小)  t/06−6463−4455  yume2000@ecolab.or.jp
Home ごあいさつ オフィース アクセス お問合
大阪市福島区
一級建築士事務所
夢設計

屋根から見える景色は最高で、お隣の乗馬センターの馬も見えます。
屋根防水工事。木造ですが、フラットにして緑の景色を楽しむ屋上としました。
防水シートを貼って外観が見えてきました。防水シートを貼っていますが、気密住宅にはなっていません。気密住宅にしないエコロジーな住宅にするために、随所に工夫がされています。
建て方 検査です。
基礎工事  土間コンですが、設備配管のメンテができるよう一部土間コンをダブルにしています。50年後に配管を交換するとき、構造体の鉄筋は切らずコンクリートを少しはがすだけで交換できます。この住宅は最低100年建っていますので設備配管についてもメンテを考えています。
配筋工事  先日も地震がありましたが、現場のある静岡は、東海地震対策で構造計算も他県より厳しくなっています。どんな地震がきても壊れないよう基礎配筋はガッチリ行いました。
遣り方、根切り工事
前方、大木のヒノキの垣根が道路と敷地を分断していて、敷地から道路が見えないため、ここだけ特別のエリアになっています。
静岡県駿東郡の現場です。静岡は気候のとてもよいところで、海あり、山あり、緑あり、水は富士山の沸き水と最高の地理条件の場所にN邸を建設中です。

N邸の敷地は施主のお母様の土地で、長い間使われていなかったところですが、ヒノキの大木が家の垣根になっていて、その間から畑と小山がある広い広い敷地内に入っていくと、「大草原の小さな家」の気分になるところです。
工事現場:静岡沼津の大草原の小さな家
ごあいさつ
夢設計はエコハウスの
   専門店
設計したもの
静岡沼津の、大草原の
   小さな家
こんなに変わった!
   二戸一エコリフォーム
江戸時代の古民家を
   リフォーム
空気が違う、トイレの
   臭いがなくなった。
お母さんの描いたタイル
   壁画で、キッチンが明るく
物件の工事中をみる
静岡沼津の、大草原の
   小さな家
こんなに変わった!
   二戸一エコリフォーム
究極のエコハウス
日本の風土にマッチ、
  (適)温暖湿潤機構の家
エコハウスの知識・セミナー
エコハウスマニアル
   ノート
エコハウス・セルフビルド
   セミナー
土の家と同じ機能を持つ
   100年住宅
リンク
健康賃貸住宅
NPO法人
    エコロジー・ラボ
エコデザイン
     ネットワーク