プログラムに
@ 2 3 4 5 6 7 8 9 10回目
第1回目は、まず道具の説明からです。クギ1本ネジ1本でも今は100種類以上あり、
道具もさまざま。道具の適材適所について教えてくれます。今は使い捨ての道具もありますが、プロの手入れの仕方も教えます。

午後からは竹割りと、タタキ床のタタキ道具を造りました。竹を割るには竹割器というものがあり、小口から竹を叩いて5つまたは7つに割ります。力のいる仕事ですので、女性には無理かと少し心配しましたが、全くの取り越し苦労、女性の方が元気でした。

割った竹は壁材、天井材として使うので、節を落しておきます。
次ページ
次回使う、タタキ床のタタキ棒を作ります。
寒いのでストーブを囲んで一休み。
竹の内側にある節をナタで落します。
竹が割れてきました
割りが入ると竹を振り上げ床に叩きつけます。力のいる作業ですが、珍しいのかとても楽しそうでした。
竹が長いので脚立に乗り、竹割器をセットしたら、ゲンノウで打ち付けます。
竹を所定の長さに切ります。
セルフビルド(DIY)で作るエコハウスセミナー
第1回目